Okinero – Charity Cafe (2005/2015) [e-Onkyo FLAC 24bit/96kHz]

Okinero – Charity Cafe (2005/2015)
FLAC (tracks) 24-bit/96 kHz | Time – 00:55:40 minutes | 1,13 GB | Genre: Jazz
Studio Master, Official Digital Download – Source: e-Onkyo | Front Cover | © Alfa Music

イタリアのTV番組の音楽を数多く手掛け、弦楽器とのグループやアコーディオンとのデュオ等のプロジェクトでも精力的に活動しているクラリネット奏者マリオ・ディ・マルコと、ギタリストのジャンカルロ・エヴァンゲリスティの2人が中心となって結成されたグループの’05年に発表されたアルバム。クラリネット、ギター、フルート、ベース、ドラムの5人組の編成となっている。
プログレッシブで緊張感溢れるナンバー等テクニカルな要素も多く含むが、全体的には地中海を思わせるようなカラッとした陽気なトーンが全体を包み込んでいる。その中でもクラリネットの澄みつつも激しさも垣間みれる感情的で印象的なトーンが非常に素晴らしく、耳に突き刺さってくる。他のメンバーも全体のサウンドを支えつつも時折見せるインタープレイでは味わい深いプレイをたっぷりと見せてくれる。メンバー全員が友人ということもあってかアンサンブルも鉄壁で、非常に高度なテンポチェンジを見せたり、アイデアの応酬が楽しい展開の多さなど、バンド全体のサウンドもかなりの引き出しの多さを見せてくれ、実に聴いていて飽きのこない音世界が繰り広げられている。鉄壁のアンサンブルと陽気な空気感のサウンドが楽しめる、聴きごたえたっぷりの力作!

Tracklist:
1. Dodecafunk: 8:07
– Diagonale quattro
– Dodecafunk
– Data morbida
– Stop Benny
2. Com-pat 3:09
3. Tre Quarti Latino: 8:19
– Tre quarti latino
– Session Wood
– Idea di Velluto
4. Straniera 5:36
5. Per Silvia 3:42
6. Beat-rice 2:52
7. Latin Nature 4:06
8. Ocho Rios 3:51
9. I’m Calling You 3:30
10. Interferenze: 12:31
– Charity Samba
– Marco’s time
– Strablues
– Sette quarti
– Gae in latin

Personnel:
Mario Di Marco, clarinet
Giancarlo Evangelisti, guitar
Giulio Ceccacci, bass
Carmine Chiappettam drums
Francesco Leonardi, flute (#1,3,5)

Download:

mqs.link_kinerCharityCaf20052015enky2496.part1.rar
mqs.link_kinerCharityCaf20052015enky2496.part2.rar