eastern youth – 2020 [FLAC 24bit/48kHz]

Audio Format: 24bit/48kHz
Release date: 2020-08-19
Label: 裸足の音楽社
Catalog number: HOS-004

https://ototoy.jp/_/default/p/586625

1988年の結成以降、日本国内外のパンク/エモーショナル/オルタナティブ・シーンに影響を与えつづけているロックバンド、イースタンユース。伝説的とも言える昨年の野音公演大成功を経て放つ3年ぶり18枚目のフルアルバム。 (C)RS

吉野寿(エレキギター・ボイス)を中心に1988年に札幌で結成された3人組パンク・ロックバンドeastern youth。
エモーショナルなハードコア・サウンドに日本語の歌詞を載せた独特なスタイルで、多くのバンドに影響を与え、その影響を公言するバンドも多数。
昨年の秋には、17年ぶりに日比谷野音ワンマンを開催。完全ソールドアウトの超満員の中、31年の活動から新旧の楽曲を網羅、イースタンのライブ史上最多曲数・最長時間となった、
この歴史的ライブを収録した『eastern youth 日比谷野外大音楽堂公演DVD 2019.9.28』が今年の3月に発売、
さらには全国6か所にて劇場公開が決まるほどとなった。自身のライブシリーズ「極東最前線」には盟友・NUMBER GIRLのゲスト出演が決まるなど、
さらなる精力的な活動に向かい始めた頃に迎えた自粛期間ではあったが、3年ぶり18枚目のフルアルバムのリリースが決定。
所謂、イースタン節全開のフルアルバム。

タイトルは「2020」
―青白い鉄塔が今日も光っている
単純な感情で今日も笑っている
―歩き出してしまえば もう行くしかねえんだ
朝日に夜を 縫い付けて
―俺たちの現実は今日も続いている

収録内容

1. 今日も続いてゆく
2. 存在
3. カゲロウノマチ
4. 雑踏に紛れて消えて
5. 夜を歩く
6. それぞれの迷路
7. 明日の墓場をなんで知ろ
8. 月に手を伸ばせ
9. 合図を送る
10. あちらこちらイノチガケ

Download:

mqs.link_easterny0uth20202020HiResWEBFLAC24bit48khz.rar